あさひが丘幼稚園 (広島市安佐北区)

3月のぱおぱおクラブは中止しました!

 

園長のことば  3月(弥生)

人生「か」「き」「く」「け」「こ」

一年間いや七年間お世話になりました、三月末をもちましてあさひが丘幼稚園の勤務を終了します。みなさまがたには様々な状況で大変お世話になり、ありがとうございました。

私があさひが丘幼稚園に赴任してあっという間の七年でしたが、思い出はあふれるばかりです。小学校の教員として38年、あさひが丘幼稚園で7年、総計45年間の想いを振り返ると「か・き・く・け・こ」に凝縮されます。これは、私が子どもたちを指導する立場として、また、人生を歩む指針として大切にしてきた言葉です。

「か」感謝・・・・ 私たちは一人では生きていけません、誰かに助けてもらった

り、誰かに教え導いてもらったりして成長できます。その大切な存在相手に感謝の

気持ちを持ち、感謝の気持ちを行動や言葉で表すことをしていきたいです。そのた

めの「ありがとう」は大切なことばです。

「き」興味・・・・ 学ぶということ興味を持つということは、その対象に心を奪われてしまう事で

す。その対象が大好きになることです。子どものころから自分の人生の方向性を極

端に狭めないで、多方面に興味を持って育っていって欲しいと思います。

「く」工夫・・・・ あるがまま、いわれるまま、そのままで自分の目前に迫った事象に対応するので

はなく、自分なりに楽しく、明るく、豊かな気持ちで行動を起こす、それが仕事の

工夫・友達作りの工夫人生の工夫・遊びの工夫だと思います。

「け」健康・・・・ 人生100年時代と言われだしました。幼少期、少年期、青年期そして人生の師

範となる壮年から老年の時代、どの時代にかかわっても「すべての意味での健康」

は私たちの大切なアイテムです。

「こ」恋心・・・・ 人をいとしく思う心、人を大切に思う心、この人を支えたいと思う心、この人と

ともに歩みたいと思う心、まだまだたくさんある相手をいとおしむ「思い心」で

す。この心を持つことで人生アグレッシブに生きていけるし、充実感を味わうこと

が出来ます。いくつになっても恋心を持って生きたいものです。

この7年間「オーライ、オーライ!」に人生をかけていました。これも保護者のみなさま・あさ

ひが丘幼稚園児への「恋心」の表出だったのかもしれません。

4月からはもうオーライパフォーマンスは出来ませんが、私の人生のなかで決して「オーライ」は

消えることはありません。みなさまありがとうございました。

                                 園 長  宮 本  修

           

最近のお知らせ