あさひが丘幼稚園 (広島市安佐北区)

» やってみる?やってみたい!!

やってみる?やってみたい!!

年中さんは、今日はあいにくの雨・・・ということでお部屋で楽しめるゲームを担任が子どもたちと一緒にやり方を説明しながら楽しんでいました。私たちにゲームを紹介してくださるゲームの先生が私たち大人に教えて下さるポイントがいくつかあります。おうちにあるカードゲームやコロナ禍でおうち時間が増えた中、昔懐かしのボードゲームもはやりましたよね!どれを取りましても子どもと一緒に楽しむには、まず大人がしっかり遊びこみ楽しまなきゃダメだと・・・説明書を見ながらやるのは面白くないそうです。ゲームは教えるものではなくて、一緒にやりながら楽しみながら覚えていきます。そして、これは当たり前ですが大人が手加減なんてせずに本気でやることです!!(これ、大事!(笑))何事も興味・関心の矛先もそれぞれ違います。全員ではできませんから、担任も交えて何人かで楽しんでいると

自然と寄ってきます。そこで楽しそうな様子を感じることができたなら「次、やりたい!!」という気持ちにかられることでしょう。

でもそれがすべてではありません。近寄ってきた子が黙って無言で見ていることもあります。「次やってみる?」と声を掛けますが、やる!という子もいれば、見るだけでいい!!という子もいます。そこには、失敗したくない!負けるのが嫌だ!とか、いろんな感情もあり中にはまったくどのゲームにも興味・関心を持たない子もいます。それもありなんです・・・ひとりひとり、楽しい!面白い!と感じることはそれぞれなんですから!!!園生活の中で、様々なことに興味が向くようにわたしたちは促していきますが、楽しいはずだと思い込むのは違いますよね。子どもたちの心が自然とやってみたい!!と思えるような活動の連続であればいいなぁ~とこのゲームを通して

いろいろ考えさせられました。これは、ゲームに限らずいろんな場面で置き換えられると思います。ご家庭でも子どもってこういうときどう感じているのかな?って考えてみると何か見えてくることがあるかもしれませんね。