あさひが丘幼稚園 (広島市安佐北区)

» みずあそびから・・・

みずあそびから・・・

さ~今日の年長さんは、またまたパワフルですかね~イッひっひ~!(ちょっと期待・・・)期待通り!!!そら組は、初日から!にじ組は、昨日から!そして、ほし組は今日から担任に猛攻撃!!(笑)年長は本当に水の量が半端ないんです!でも「いや~!やめて~!」と言いつつ・・・先生たちも笑顔!子どもたちとの水遊びのひとときを楽しんでるように私は見えますよ~!今日は、ある男の子が遠くから、「先生!見て~!」なになに?と見ると「ほら~水がこぼれないよ~!」ですって!お~お~それは、「遠心力」ね。今日ペットボトルを振り回しているうちに自然と気付いたのか?前々から知っているのか?「ほ~んと!すごいね~!」と声をかけると、何度も何度も、この不思議を繰り返していました。お母さんどうでしょう?教えてください。(笑)いずれにしても、偶然かもしれない動きから、不思議を見つけましたね~!すばらしい✨

年長さん話題でもう一つ!先日、年長のあるお母さんから「うちの子水が苦手なんですよ~」との話。先生は、かけるのは避けて欲しい!という意味かなと思ったそうです。実はその反対で、「だから、ジャンジャンかけてやってください!(笑)」とのことでした。嫌なこと、苦手なこと、子ども本人が、嫌だと訴えるから先回りして排除する・・・子どもの様子を見ていて、しんどそう、親として回避してあげられるのなら、本人の気持ちを尊重?してあげたい。それも親心かも、かもしれません。でも、でも苦手を克服とまではいかずとも、やる前に諦めたり、逃げたり、避けたりせずに、前向きに少しでも頑張ってみる。その先には、きっと良いこともあるんだよ。と決して無理強いではなく、背中を押してあげて次へつなげて欲しいと思います。子どもたちを見ていて、重要なカギを握っているのは、大人なのかもしれません。どのタイミングでどう声をかけるのか?どう、働きかけるのか?だまって見守るのか?もったいないな~と思う場面によく遭遇します。子どもたちはいつか親から巣立っていくことは確実です。大きい山、小さい山を乗り越えていく力を今のうちからつけていってあげる。口で言うのは簡単ですが・・・大事だな~と、このあるお母さんのたくましい一言であらためて感じました。水遊びの話ですが、いろいろとすべてにつながる大事なことだと私は、真面目にそう思います。