あさひが丘幼稚園 (広島市安佐北区)

» どんな音がする?

どんな音がする?

先日、実習の先生が制作指導で「マラカスづくり」をしました。紙コップにマーカーで好きな絵を描いて、音の出る元は「ストロー」です。ストローを切って紙コップの中に入れてテープでつなぎ合わせたら出来上がり!!

皆さんも経験したことがあるかもしれません。ストローをチョキン!!✂と切ると、結構飛ぶんです!飛んでなくならないようにどうやって切ったらいいかな~?と問うと、ひとりの男の子は飛ばないためには・・・紙コップを添えながら切ったらどうか?と提案します。次にコップの中に切ったストローを入れて・・・これもある男の子の提案・・・「紙コップを横にして振るより、縦に振る方が大きい音がするよ!」とまるで先生のように伝えていました。出来上がったら、実習の先生のピアノに合わせてマラカスを自由に動かし音を楽しんでいました。

実習の先生にとってはもちろんこれから先につながる勉強です。子どもたちにとってもいつもとは違う先生が何かを教えてくれるという姿から、子どもたちなりに先生に協力しようとする姿勢が見られ、また

子どもたち自身もいろんな発見をしていました。このような実習の機会を通して、担任も我がクラスの子どもたちの姿をまた違った角度から見ることができてこれまた私たちにとっても子どもたちを前から見守るのと後ろから見守るのとで新たに知ることもある良い機会なのです。この日もいろいろな工程の中で子どもたちの感じる姿を見ることができました。