あさひが丘幼稚園 (広島市安佐北区)

» 年中

年中

年中さんの日記です。

タングラム・・・🧩

タングラムとは、正方形を7つのパーツに分割したものを使っていろいろな形を作っていくパズルです。これは、紀元前2000年ごろに中国で誕生したと言われています。子どもたちって机の上で行うパズル好きですよね!

お友だちと一緒にできる大型パズル「タングラム」は考える力が養えたり、形が完成した時の達成感をたくさん得られたり、図形の感覚を養う良さがあります。グループに分かれてお題が出たら競争しながら「こうじゃない?」と意見を出し合いながら、出来たときは、「イエーイ!」と大喜びでした。難しい形も悩みながら協力し合いながら作っていました。

じっく~りみて見ると・・・

運動会の絵をまたまたじっくりみてみると・・・ひとつひとつ解説してみます!!踊ってる体の動きがくねくね表現されていますね~。トラックを走り、ゴールがありますね~。この走る表情じっくり見てみて下さい。それから、どうやらさんさんサーキットそのもの!!跳び箱→這って渡る鉄棒→くぐるネット→飛び石→三輪車→タイヤ→鉄棒の絵ですよね?(笑)バルーンをたーくさんの人が見てくれています。この横顔・・・対面で先生が笛を吹いています。そして、お父さんがカメラを構えているそうです(すごい!✨)、8段の跳び箱、鉄棒の土台は黒いゴムがついています!(たしかに!)バルーンをものすごーく近くでご両親が見守ってくれています。(一緒にバルーンをやっているかのような(笑))最後のバルーンは、大空高くキラキラの花火が舞い上がっているところの上にすずめとカラスが飛んでいます!(笑)(確かに黒い鳥が飛んでいましたいました!)ほかにも紹介しきれないほどの大作がありますよ~!!子どもたちの絵にはストーリーが詰まっています。

大きく膨らんで~

年中さんは、室内でもバルーンの練習・・・午後からはじめて園庭での練習!!2つ同時にできたのは今日が初めて・・・他の学年のお友だちがみーんな見守る中、年中さんはりきってやっていました。練習を終えた後、子どもたちは、「今日のバルーン楽しかった~」と大きなひとりごと・・・そのあとも廊下ですれちがったあやめ組の男の子も「園長先生!今日バルーン楽しかった~」とわざわざ呼び止められて言うなんて、よほど嬉しかったのでしょう。これが、おうちの方に見てもらえる本番では更に気分上々でしょうね!!いろんな演目がたくさん出てきます。お楽しみに・・・

バルーン&サーキット(年中)

年中さんは、室内でバルーンの練習、そのあと園庭でサーキットの練習です。「さんさんサーキット」は、いろいろな用具が出てきます。その中で、大きな跳び箱を這い上がるのが得意な子、手足を使って鉄棒を渡るのが得意な子、ネットをくぐるのが得意な子、三輪車をこぐのが得意な子と、得意なこともさまざまです。上がる!進む!こぐ!などいろんな動きが出てきます。体全体の筋力がバランスよく身についていれば均等にいいですね(笑)

得意がそれぞれなのも見どころです。この種目もお楽しみに!!

今日の朝の様子・・・(年中)

みんながそろうまでの朝の自由遊びの様子です・・・